最大月利40%!空き時間3分の取引!

スポンサーサイト

         

一定期間更新がないため広告を表示しています






最大月利40%!空き時間3分の取引!


SGロシア東欧株ファンド とは?

         
SGロシア東欧株ファンド とは?

主としてロシア東欧諸国(ポーランド、チェコなど)10カ国で事業展開を
行う企業に投資し、長期的な信託財産の成長を目指して運用します。
また、為替ヘッジは原則、行われてはいない。

投資対象国は今後の状況次第では当然、増える可能性を秘めています。

 

なぜ、ロシア株?



なぜ、ロシア株?

2003年にゴールドマン・サックス証券が名付けた「BRICs」という造語に
関係があります。
Brazil、Russia、India、China のそれぞれの頭文字から来ています。

これらの国々が今後、最も経済成長ができる国として世界金融業界でも
高い期待と予測が成されています。

また、ロシア2030年ごろには、ドイツのGDPを抜き去るという予測もあります。

ロシアの主要産業は、鉄鋼業、機械工業、それになんといっても石油天然ガスなど
輸出です。石油に至っては生産量はサウジに次ぐ世界第二位です。

 

なぜ、東欧諸国も投資対象になるの?



なぜ、東欧諸国も投資対象になるの?

東欧諸国といっているがメインは、ポーランドチェコハンガリーになります。
なぜか? それはこの3カ国がEUに加盟したのが大きな要因です。

※ポーランド、チェコ、ハンガリーの人件費が安いことも要因の一つです。

ヨーロッパ企業の生産の拠点をポーランド、チェコ、ハンガリーに続々と移して
おり、それによる大きな経済効果が期待されているからです。

 

カントリーリスク



カントリーリスクは当然ながら考慮しておく。

カントリーリスクとは、その国の政治情勢などが激変することなどにより、
金融・証券市場などが不安定になり、ファンドの基準価格が下落することなどで
海外の株式や債券などに投資する際には常に考慮しておく必要があります。

カントリーリスクは、途上国になればなるほどリスクが高いとされています。


→ 最大月利40%!空き時間3分の取引!
 





最大月利40%!空き時間3分の取引!


中国、インドの次はロシア
投資家の間では中国、インドの次はロシアや東欧諸国であると期待が寄せられている。今後の投資で注目度が大きい地域のようです。


links
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM